男性不妊の概論

男性不妊とは?

WHO(世界保健機構)では、不妊症の定義として、避妊をせずに
夫婦生活をしているにも関わらず、2年たっても妊娠に至れない状態としています。

 

不妊症というと、女性側に問題があると思われがちなのですが、
妊娠の仕組みは、男性の精子と女性の卵子が結びついて成立するものですから、
実際に妊娠するのは女性であっても、不妊の原因は男性にも女性にもあります。

 

近年、食生活や生活環境の変化、環境ホルモンの影響で、
男性不妊が増えているという報告もあります。

 

男性不妊の原因は精液に異常がある場合が多くを占めており、
しかし見た目では異常はなく、痛みなどの自覚症状がないケースが多いので、発見が遅れがちのようです。

 

WHO(世界保健機構)の発表によれば、
精子の運動率も20年前と比べて、かなり低下しています。
つまり、元気な精子を作ることができない男性が増えているのです。

 

男性不妊は決して特別な出来事ではありません。
もしなかなか妊娠に至らないようでしたら、精液検査をしてみてください。
何も異常がなければそれでいいのですから。

 

もし何らかの異常がある場合、女性と同時進行で治療を進めたほうが、
確実に効率がよいのではないでしょうか。