男性不妊治療について

体外受精

体外受精とは、タイミング法、人工授精を何度か試みても妊娠しない場合に
ステップアップすることが多いでしょう。
精子の状態によっては、いきなり体外受精もしくは顕微授精となるケースもあります。

 

体外受精には、大きく分けて以下の段階があります。
排卵誘発→採卵→採精および精子の調整→シャーレ内で受精→受精卵(胚)の培養
→胚移植からなっています。

 

体外受精を成功させるためには、充分に発育した卵を数多く採取することが重要です。
採卵した卵子のすべてが受精するわけではないからなのですが、
そのため排卵誘発剤を使って、卵を数多く育てます。

 

女性に、hMGという卵巣を刺激する注射を何回も行いますが、
これによって両方の卵巣の中で一度に多くの卵子が成熟します。
卵巣が薬によって強く刺激されるため、卵巣過剰刺激症候群の出現の可能性が
あるので、hMGは医師が様子を見ながら慎重に投与します。

 

しかし、これらが採卵前に排卵してしまっては意味がないので、
同時にスプレキュアという点鼻薬で排卵を促す黄体化ホルモンを抑制することにより、
LHサージ(排卵前に黄体化ホルモン濃度が急上昇する現象)をなくしてしまいます。

 

採卵は経膣的に注射針を卵巣に刺しておこないます。
スプレキュアで排卵を抑制しているため、採卵を予定している時間から逆算して、
約34〜36時間前に、hCGの注射をします。

 

採卵では、通常5〜20個程度の卵を採卵できるケースが多いでしょう。
採卵と並行して採精をおこない、洗浄、濃縮して質のよい優秀な精子を回収します。

 

受精は採卵から1〜3時間後に、シャーレの中で調整済みの精子をふりかけます。
受精した卵は分割を始め、翌日には受精卵として確認する事ができます。
受精が無事に終了した受精卵は胚と呼ばれ、培養器内で培養し、
通常採卵から2日後に胚移植をおこないます。

 

移植後は、妊娠の確率を少しでも上げるために、女性には黄体ホルモンの補充をおこない、
その後、早ければ採卵から2週間後に妊娠の確認がされます。

体外受精関連ページ

ギフト法(GIFT)・ジフト法(ZIFT)
男性不妊治療のギフト法(GIFT)・ジフト法(ZIFT)について解説しています。
顕微授精(ICSI)
男性不妊治療の顕微授精(ICSI)について解説しています。