男性不妊治療について

ギフト法(GIFT)・ジフト法(ZIFT)

人工授精を繰り返しても妊娠できない場合、体外受精へと進みますが、
ギフト法(GIFT)・ジフト法(ZIFT)という治療法もあります。

 

こららはどちらも、卵管が使えることが条件となります。

 

採卵までは体外受精と同じです。
採取した卵子を精子とまぜ合わせ、卵管内に戻す方法です。

 

ギフト法とジフト法の違いは、まぜ合わせた卵子と精子を戻す時期です。

 

ギフト法は、卵子と精子を混ぜて、受精する前の状態で卵管の先に戻します。
卵管に戻すので、受精したあとの受精卵が子宮に移動できるように、
少なくとも片方の卵管が通っていることが条件となります。

 

妊娠率は体外受精-肺移植よりわずかに高く、流産はわずかに低いといわれています。
腹腔鏡下で卵子と精子の戻しを行うため、手術及び入院が必要です。

 

ジフト法は、まぜ合わせた卵子と精子が受精して、4分割胚になったら卵管に戻します。
ギフト法と同様、少なくとも片方の卵管が通ってることが条件になります。
こちらもギフト法同様、腹腔下で受精卵の移植を行うために手術及び入院が必要です。

 

体外受精-肺移植に比べて妊娠率は高いのですが、
どちらも手術を必要とするため、何度も繰り返しできるものではありません。

ギフト法(GIFT)・ジフト法(ZIFT)関連ページ

体外受精
男性不妊治療の体外受精について解説しています。
顕微授精(ICSI)
男性不妊治療の顕微授精(ICSI)について解説しています。