男性不妊治療について

顕微授精(ICSI)

顕微授精とは、顕微鏡を使い、人の手によって卵子に直接精子を注入し受精させる方法です。
精子が1匹でもいれば妊娠は可能です。

 

精子を授ける授精の過程以外は、体外受精と同じです。
体外受精では、1個の卵子と多くの精子を一緒にして自然に受精するのを待ちますが、
顕微受精(ICSI)では、1個の卵子に1個の精子を直接注入し、受精するのを待ちます。

 

1匹の精子をピペットという先のとがったガラス針で吸い取って、
固定した卵子の細胞質の中に、直接送り込んで受精させます。

 

無精子症で精液中に精子がいない場合でも、精巣や精巣上体に精子がいれば、
それを採取して、顕微授精をおこなうことができます。

 

卵子の周りの透明帯が固くて、精子が自力で中に入っていけない精子無力症でも
顕微授精によって妊娠が可能です。

 

受精させた受精卵を戻す胚移植の方法も、体外受精と同じです。

顕微授精(ICSI)関連ページ

体外受精
男性不妊治療の体外受精について解説しています。
ギフト法(GIFT)・ジフト法(ZIFT)
男性不妊治療のギフト法(GIFT)・ジフト法(ZIFT)について解説しています。