男性不妊の概論

性機能障害の原因と治療

性機能障害は、勃起障害(ED)、射精障害に大きく分けられます。
精神的な問題の場合や、機能的な問題の場合、またそれらが複雑に絡み合っている場合があります。

 

勃起障害(ED)とは、勃起せず、満足な性交が行えない状態をいいます。
身体性のものと心因性のものがあります。

 

糖尿病など内科的疾患によるEDは、その病気の治療が先決です。
勃起に必要な血管や神経やホルモンなどに異常がある場合は、
バイアグラなどの薬物療法が中心となるでしょう。

 

心因性のEDの場合は、ストレスや精神的な問題が関係している場合が多いです。
心理的な障害を取り除くことが先決です。

 

性欲の減退、性に関する嫌悪感につながる心の障害や、
ストレスが原因の場合、心療内科や神経科を受診する必要がある場合もあります。

 

射精障害とは、勃起に問題がなくても、性行為に集中できないという心因性の場合や、
膣内の刺激では射精できない状態などをいいます。
膣内射精不能、早漏、遅漏、逆行性射精などに分けられます。

 

早漏や遅漏はカウンセリングなどの心理療法が中心となります。
逆行性射精では、射精感はあっても精液量が少ないことが特徴です。
膀胱から精子を採取したり、前立腺に刺激を与えるなどして精子を採取し、人工授精などを行う場合があります。

性機能障害の原因と治療関連ページ

造精機能障害の原因と治療
造精機能障害の原因と治療について解説しています。
精路通過障害の原因と治療
精路通過障害の原因と治療について解説しています。
副性器機能障害の原因と治療
副性器機能障害の原因と治療について解説しています。
その他
その他の男性不妊の原因について解説しています。