男性不妊検査について

男性不妊の基本検査について

男性不妊治療を受けると決めたら、まずは基本検査から始まります。
特に今後の治療を大きく左右する精液検査は、早めに受けることをおすすめします。

 

女性の検査が優先されがちですが、女性側だけが検査をして不妊治療をしても、
男性側に問題がある場合、治療が長引き、それだけお互いの負担になります。

 

女性の不妊検査は、子宮卵管造影検査など痛みを伴う検査もありますし、
経膣エコーやヒューナーテストのように、恥ずかしさを伴う検査などがあります。

 

しかし男性の精液検査については、痛みはないはずですし、
自宅で採精できる場合が多いので、恥ずかしさも軽減されます。

 

ふたりの赤ちゃんに恵まれるためにも、夫婦で協力し合うことが必要です。
精液検査をしぶる男性も少なくありませんが、お二人の赤ちゃんのために一度受けてみてください。
問題がなければないで、それに越したことはないのですから。

 

もしなんらかの問題があった場合、早く治療をすることで早く赤ちゃんに会えるかもしれません。
不妊治療は夫婦が互いに納得し、協力し合い進めていく治療ということを忘れないでください。

男性不妊の基本検査について関連ページ

問診
男性不妊検査の問診について解説しています。
視診・触診
男性不妊検査の視診・触診について解説しています。
精液検査
男性不妊検査の精液検査について解説しています。
尿検査
男性不妊検査の尿検査について解説しています。
ホルモン検査
男性不妊検査のホルモン検査について解説しています。
陰嚢部超音波検査(陰嚢部エコー)
男性不妊検査の陰嚢部超音波検査(陰嚢部エコー)について解説しています。
ヒューナーテスト
男性不妊検査のヒューナーテストについて解説しています。