男性不妊検査について

尿検査

尿検査は、初診時にすべての方に行われる検査です。
採尿して尿糖(糖尿病)、尿たんぱく(腎臓病)、白血球や赤血球の数を調べます。

 

この検査により、腎臓、膀胱、前立腺の異常の有無もわかります。

 

精子の輸送路と、尿の通過路とは、尿道で重複する作りになっています。
そのため、尿道、前立腺などに炎症があれば、精子の動きに悪影響を与える可能性もあります。

 

とくに白血球が多く含まれている場合は尿培養をおこない、
炎症の原因となる細菌を調べます。

 

尿検査は、誰でも何度か経験があると思いますが、尿結石などでない限り、
痛みを伴うものではありませんので、気軽な気持ちで受けてください。

尿検査関連ページ

男性不妊の基本検査について
男性不妊の基本検査について解説しています。
問診
男性不妊検査の問診について解説しています。
視診・触診
男性不妊検査の視診・触診について解説しています。
精液検査
男性不妊検査の精液検査について解説しています。
ホルモン検査
男性不妊検査のホルモン検査について解説しています。
陰嚢部超音波検査(陰嚢部エコー)
男性不妊検査の陰嚢部超音波検査(陰嚢部エコー)について解説しています。
ヒューナーテスト
男性不妊検査のヒューナーテストについて解説しています。