男性不妊検査について

陰嚢部超音波検査(陰嚢部エコー)

陰嚢部にゼリーをつけて、超音波プロープで検査をおこないます。
このゼリーを使用することにより、エコーが見やすくなります。

 

この検査では、精巣容積の測定、精巣の性状(点状エコー、精巣腫瘍の有無など)や、
精索静脈瘤の有無、陰嚢水腫の有無などが調べられます。

 

場合によっては、さらに精巣静脈の血流の状態や、
精巣動脈の血流の状態(精巣内、被膜下)を調べることもあります。

 

陰嚢部エコーは、陰嚢部を出さなければいけませんので、恥ずかしさはありますが、
痛みを伴うものではありませんので、肩の力を抜いてのぞんでください。

陰嚢部超音波検査(陰嚢部エコー)関連ページ

男性不妊の基本検査について
男性不妊の基本検査について解説しています。
問診
男性不妊検査の問診について解説しています。
視診・触診
男性不妊検査の視診・触診について解説しています。
精液検査
男性不妊検査の精液検査について解説しています。
尿検査
男性不妊検査の尿検査について解説しています。
ホルモン検査
男性不妊検査のホルモン検査について解説しています。
ヒューナーテスト
男性不妊検査のヒューナーテストについて解説しています。