男性不妊検査について

ヒューナーテスト

排卵日頃の朝に性交してから病院に行き、女性の頚管粘液を採取し、
頚管粘液中の精子がどれくらいあるかを調べます。

 

性交後の精子は膣内に放出されます。その後、頸管を通り子宮内に入ります。
そして卵管を通り卵管膨大部まで到達し、ここで卵子と出会い受精します。
このように、受精をいたるまでには、長い道のりを進む必要があります。

 

しかし、この途中で精子が進めなかったら、
卵管膨大部まで精子がたどり着けず、受精にいたることができません。

 

膣内の粘液、頸管粘液、子宮内液それぞれでの精子の数を調べる事で、
精子がどこまで進めるのかを確認する事が出来ます。

 

頸管粘液内の精子の運動率が0%の場合、抗精子抗体などのために、
頸管粘液がバリヤーになっている可能性もあります。

 

男性側は病院に出向かなくてもよい検査です。

ヒューナーテスト関連ページ

男性不妊の基本検査について
男性不妊の基本検査について解説しています。
問診
男性不妊検査の問診について解説しています。
視診・触診
男性不妊検査の視診・触診について解説しています。
精液検査
男性不妊検査の精液検査について解説しています。
尿検査
男性不妊検査の尿検査について解説しています。
ホルモン検査
男性不妊検査のホルモン検査について解説しています。
陰嚢部超音波検査(陰嚢部エコー)
男性不妊検査の陰嚢部超音波検査(陰嚢部エコー)について解説しています。