男性不妊検査について

精液培養検査

精液検査をおこなった結果、精液中に白血球が多く認められるときに、
精液の培養をおこない、細菌の種類などを調べます。

 

精液中に白血球が多かった場合、炎症や感染症(クラミジアなど)が疑われるため、
どんな細菌がいるのかを 探すために精液を培養して調べます。

 

外尿道口の消毒をした後、滅菌している容器に精液をとって、とれた精液を培養します。
その結果、細菌がみつかった場合は、その細菌に対して有効な抗菌剤や
抗生物質を投与し、薬物治療をおこないます。

 

痛みを伴うような検査ではありません。

精液培養検査関連ページ

男性不妊の精密検査について
男性不妊検査の精密検査について解説しています。
精巣生検
男性不妊検査の精巣生検について解説しています。
遺伝子検査(血液検査)
男性不妊検査の遺伝子検査(血液検査)について解説しています。
精子生存性検査
男性不妊検査の精子生存性検査について解説しています。
クルーガーテスト
男性不妊検査のクルーガーテストについて解説しています。
精管精嚢造影
男性不妊検査の精管精嚢造影について解説しています。
尿中精子検査
男性不妊検査の尿中精子検査について解説しています。
電子顕微鏡による精子尾部検査
男性不妊検査の電子顕微鏡による精子尾部検査について解説しています。
抗精子抗体検査
男性不妊検査の抗精子抗体検査について解説しています。
ハムスターテスト
男性不妊検査のハムスターテストについて解説しています。
アクロビーズテスト
男性不妊検査のアクロビーズテストについて解説しています。
HOSテスト
男性不妊検査のHOSテストについて解説しています。