男性不妊検査について

遺伝子検査(血液検査)

遺伝子検査は、非閉塞性無精子症や高度の乏精子症のかたのY染色体の
微少な欠失を調べるときや、先天性の精管欠損症で嚢胞性線維症の責任遺伝子との
関係を調べるときなどに行われます。

 

まず採血をしてリンパ球を分離し、そのリンパ球よりDNAを抽出し、
欠失、変異の有無、塩基配列を調べます。

 

この結果、精子形成に関連のある遺伝子に問題があると判明した場合、
遺伝子そのものは治療することができず、手術で精巣から精子を取り出す方法や、
精子を直接卵子の中に入れる顕微受精などの不妊治療が行われています。

 

このような治療で生まれる男児については、
男性不妊因子が遺伝する可能性があると言われています。

 

ようするに、男児が生まれた場合、その子が乏精子症または無精子症になる
可能性があるかもしれないということです。

 

必ずしも父親と同様不妊になるかどうかはまだはっきりしていませんが、
そうした可能性を事前に十分聞き、それを理解した上で治療を受けることが大切です。

 

染色体や遺伝子の異常が見つかった場合は、
顕微授精の前にカウセリングを受けられるのが良いでしょう。

遺伝子検査(血液検査)関連ページ

男性不妊の精密検査について
男性不妊検査の精密検査について解説しています。
精巣生検
男性不妊検査の精巣生検について解説しています。
精液培養検査
男性不妊検査の精液培養検査について解説しています。
精子生存性検査
男性不妊検査の精子生存性検査について解説しています。
クルーガーテスト
男性不妊検査のクルーガーテストについて解説しています。
精管精嚢造影
男性不妊検査の精管精嚢造影について解説しています。
尿中精子検査
男性不妊検査の尿中精子検査について解説しています。
電子顕微鏡による精子尾部検査
男性不妊検査の電子顕微鏡による精子尾部検査について解説しています。
抗精子抗体検査
男性不妊検査の抗精子抗体検査について解説しています。
ハムスターテスト
男性不妊検査のハムスターテストについて解説しています。
アクロビーズテスト
男性不妊検査のアクロビーズテストについて解説しています。
HOSテスト
男性不妊検査のHOSテストについて解説しています。