男性不妊治療について

ホルモン療法

薬物療法には、内分泌系に作用するホルモン療法と、非ホルモン療法にわけられます。
ホルモン療法に用いられる薬剤、およびその効果などをまとめてみました。

 

【男性ホルモン】
男性ホルモンは、大量に投与すると、視床下部や下垂体にその情報が伝わります。
すると下垂体の精巣刺激ホルモンの分泌が抑制されてしまいますので、
無精子症の状態になります。
しかしこの時点で男性ホルモンの投与を中止することによって、再びその情報が
視床下部や下垂体に伝わり、今度は精巣刺激ホルモンの分泌が盛んになり、
精巣での精子の生産が活発になるのを期待するというものです。

 

【性腺刺激ホルモン】
ライディヒ細胞を刺激するhCG(ヒト胎盤性性腺刺激ホルモン)と、
セルトリ細胞を刺激するhMG(ヒト閉経婦人尿性性腺刺激ホルモン)との
2つが使われています。hCGとhMGは注射薬のみで、内服薬はありません。

 

【クロミフェン(薬品名 クロミッド)】
一般に視床下部では、精巣からの男性ホルモンや、それが変化した女性ホルモンが
作用して、これが下垂体での精巣刺激ホルモンの分泌を抑制し、
精子の生産性は低下します。
クロミフェンは、視床下部での男性ホルモンや女性ホルモンの作用を阻止して、
結果的に精巣刺激ホルモンの分泌を促します

 

【抗プロラクチン剤】
プロラクチンというホルモンの血中濃度が高いと、男性ホルモンの生産性が
悪くなります。
下垂体にプロラクチンを過剰に生産する腫瘍ができると、
血中のプロラクチン濃度が異常に高くなります。
また、原因不明の高プロラクチン血症にも、抗プロラクチン剤を投与します。

ホルモン療法関連ページ

非ホルモン療法
男性不妊治療の非ホルモン療法について解説しています。